このページの先頭です

ご挨拶

医薬品業界の過渡期。今こそ「かかりつけ薬局」としての役割が重要。

1974(昭和49)年の医薬分業元年から4年後の1978(昭和53)年に、新生堂薬局は産声をあげました。それ以来、医薬分業の定着と共に、着実に店舗数を増やしながら、地域のお客さまと共に成長させていただきました。そうした中、医薬品業界は一つの過渡期を迎えています。
進む高齢化と増え続ける医療費。それに伴って変化する社会保障制度。そのような環境の変化の中、セルフメディケーションの重要性が増してきており、ヘルスケア産業に求められているものも変化してきているのです。
そこで注目されるのが、当社がこれまで強化してきた「かかりつけ薬局」としての役割。今後はさらに、研修体制の充実や資格取得をサポートすることで、お客さま一人ひとりの役に立ち、健康や美容について適切なアドバイスができる薬剤師、社員の育成に力を注がせていただきます。
また、ドラッグストアと調剤薬局との併設店を増やすとともに、新規店舗の出店と、関連会社の株式会社ライフネスが展開する健康体操教室や訪問看護ステーションによるヘルスケアネットワークの構築を進めていきます。さらに、それに伴うサービスの充実を実現し、地域の方々とのお付き合いをさらに深めながら、これからも“健康なくらしのお手伝い”をさせていただきます。時代がどれだけ移り変わっても、健康は誰しもの願いです。
新生堂薬局は、お客さま、ならびにお取引先さま、従業員に思いやりのある「健康なくらし」の良きパートナーとしての企業を創造して参ります。

代表取締役社長兼CEO 薬剤師水田雅幸